歯の根っこは、良く虫歯になる過程がイラストになっている歯医者さんのポスターでは歯の根っこは歯の中心をまっすぐに通っている。

と言う風に描かれていますが、実際の歯の神経は歯の中心をまっすぐに通るような単純なものではありません。特に奥歯の神経などは歯の内部で複雑に枝分かれして大変細かいものなのです。そんな細かい神経の治療に視界を歯科ユニットについているライトよりもずっと明るく照らすことができ、20倍もの大きさで核出した状態で見ることができるマイクロスコープが活躍しています。

歯科用マイクロスコープを使うことで肉眼では見えず、今までは歯医者さんの勘や経験に頼らざるをえなかった治療がより正確に、より精密に行うことができるようになりました。歯科用マイクロスコープは導入すれば直ちに誰でも使いこなせる機器ではありません。マイクロスコープを使い自分の目として扱えるようになるにはそれなりのトレーニングが必要となり、臨床経験も積む必要があります。

そのような点とまた機器がとても高額なものなので、海外では標準的に導入されているものですが日本ではまだ数パーセントの歯科医院でしか導入していないのが現状です。また、すべての根幹治療をマイクロを使って精密に治療したい気持ちはどの歯医者さんも思っていることですが、導入率の低さなどから保険点数があいまいになっており、マイクロスコープを使っての治療は自費の治療にせざるを得なくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *