歯科医院で使用されているマイクロスコープは脳神経外科の手術や眼科での手術に使われていたものを歯科用に作った機器です。

肉眼ではとらえきれない血管や神経などを鮮明に映し出す歯科用マイクロスコープの出現により、歯科医療も進化を遂げています。拡大鏡を使う歯医者さんはとても増えましたがマイクロスコープは高額な機械なので歯医者さんの約5%ほどしか導入していません。どこの歯医者さんでも標準的に導入しているものではないので事前に確認する必要があります。

マイクロスコープは根幹治療でその力を大きく発揮します。歯の神経、特に億羽のような大きな歯の場合は歯の神経は3本または4本に枝分かれしています。またその形状は十人十色で、まっすぐ神経が通っている方もいれば複雑に枝分かれし曲がっている方もいます。肉眼ではそのような細かいところまで見ることができません。長年の経験などに基づいて感覚で行っていた神経治療が、顕微鏡を使うことによってより正確により精密に治療することができるのです。

神経の治療をしたのに、何年かしたらまた同じ歯が痛くなってしまうなどの再発リスクをマイクロスコープを使った治療で抑えることができます。また、虫歯の治療においても、虫歯だけを正確に削ることに役立っています。歯は削れば削るほど弱くなってしまいます。しかし虫歯を取り残すと、そのあと詰めても中で虫歯菌が繁殖してしまいます。顕微鏡で細かいところまでしっかり確認して虫歯だけを削ることができ、結果として歯の寿命そのものを長くすることができるのです。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *