医療機関で脳外科医や心臓外科医などが使用しているマイクロスコープですが、普及率は高いとは言えないまでも歯科でも利用をされるようになっています。

これまでの虫歯や歯周病治療などは、レントゲンや肉眼での確認を元に経験のある歯科医師が治療を行う事が基本になっていましたが、歯科用のマイクロスコープを利用する事でこれまで肉眼で確認が難しかった細かい部分までの確認をしながら治療が行えるようになりました。マイクロスコープを利用する事で得られる利点は、神経まで達した虫歯の治療で行われる根管治療などを行う時には歯の今後の健康状態を左右する意味では大きな戦力として考えられます。

更に軽度の虫歯の治療の際にも必要以上の範囲を削る事は歯の寿命を短くしてしまう原因にもなる事から、マイクロスコープを利用する事で最小限の範囲を削る治療が可能になっています。歯周病の治療においても効果的な利用方法があります。これまでは肉眼での確認で行っていた歯石除去ですが、マイクロスコープを利用する事で、肉眼で確認できない歯石を除去する事も可能になるので、より歯周病に対する予防効果にも期待ができるようになっています。

このように歯科治療において万能な存在に感じますが、細かい治療になるので治療費や治療時間の問題もあるので、根管治療や歯周病を専門とした医療機関での使用が目立ちます。今後は費用面や利用の仕方などにも工夫をする事で一般的な歯科でも利用をするようになる事が期待される医療器具のひとつです。
歯科医師国家試験対策の塾のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *