歯の診察や治療を受ける時には、大きな口を開けて歯科医師に見てもらいます。

歯について歯石や歯垢、虫歯の有無、歯茎の状態なども確認や処置は多くの場合直視下で行われます。歯は大きくても1cm程度しかないため、もっと小さな状態を確認する作業が行われているわけです。そのため、最近ではマイクロスコープを使った歯科治療が増えています。歯石や歯垢、虫歯の初期は色味や光の反射の違いなどを見比べて判断します。

視覚による情報が大部分を占めています。はっきりしない場合は、安全策をとって虫歯でない部分も削り取ってしまうしかありませんでした。マイクロスコープを使うことで患部が2倍から4倍程度まで拡大されるため、より詳細な状況の確認が行えます。今まで諦めていた細かな作業も無理なく行うことができます。特に歯の質の違いによる虫歯の判別などは十分な光や見やすい環境が必要になります。

はっきりとした状況確認により虫歯の取り残しなどが減り、治療の結果もよくなります。マイクロスコープを使った歯科治療には保険診療が適用されるものもあります。行政としても、歯科にマイクロスコープを使うことの有用性を認めていると言うことになります。ちょっとした違和感がその後の生活に大きく影響していくる歯科治療ですから、仕上がりの良さも必要な評価の一つです。受信する場所を探すときに要件としてマイクロスコープの有無を加えておくともしも詳細な治療が必要になった時に安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *